近年ではビジネスの世界においてマッチングという考え方が広まってきています。
これは、企業と消費者というモデルを考えた場合に、企業がある商品やサービスを販売したいというニーズと消費者がある商品やサービスを入手したいというニーズがあり、この両者を適切に合わせて互いのニーズを満たすようにすることです。

各企業においてECサイトが設置され、自社の商品やサービスを提供するようになっているのがその代表的な例になります。
ここでは、商品やサービスを求めてサイトを訪れる消費者がいて、サイト上では商品やサービスを提供したい企業側が消費者をその商品やサービスのもとに誘導するように設計されています。そういった適切な誘導が行われることによってマッチングが達成され、企業も消費者もニーズが満たされて満足するということにつながるのです。

マッチングを実現させるためにはそういった誘導がうまく実現することが重要であり、サイト上のリンクや広告を適切に配置したデザインが重要になります。
一度訪れた消費者が探している商品の下まで迷うことなく辿り着けるようにデザインし、かつ、より消費者が購入意欲をかき立てられるようにするということが、ECサイトに求められることになります。

それを巧妙に実現するのがWeb制作者であり、エンジニアやデザイナー、それをまとめるディレクターが協力し合うことによって理想的なデザインのサイトが制作されるのです。