Web開発が行えるエンジニアの道は広く開かれており、Webを使って仕事を獲得することも副業を営むことも難しい時代では亡くなってきています。個人でもインターネットを利用して小遣い稼ぎをするという人が増えてきており、そのサービスも多様化を続けています。そういった小遣い稼ぎができるようになった背景にはIT産業の発展があり、エンジニアの寄与が大きかったことは言うまでもありません。

その小遣い稼ぎの効率的な方法の1つにアフィリエイトがあります。これは成功報酬型の広告の1つであり、Webページなどに広告主のサイトへのリンクを張って、ユーザーがそのリンクを利用して広告主のサイトへ移動し、そのサービスを利用すると報酬が支払われるというものです。
ブログを公開したり、メールマガジンを発酵したりすることが一般的になってきたため、そこに広告を表示させて少し紹介をすることによって小遣い稼ぎができるようになってきているのです。

この方法は個人のサイトと企業広告というつながりにくいものを容易につなげる道を導き出したことに加え、個人にはデメリットはほとんどなしにうまく行けば利益が上がるメリットがあり、広告主にとっては費用対効果が大きいというメリットがある理想的な広告方法となっています。
こういった技術が開発されてきたことにより、広告のあり方が変わってきています。
エンジニアにとって大きな成功のためには、ビジネス界に目を置いて開発に携わることが重要になっているのです。