自社製品やサービスを独自のサイトで販売することにより、独自のブランド戦略を展開する企業が増えてきています。
そのために必要となるECサイトの設置には、Web上の高度な技術を駆使した画期的なものとしてユーザーの興味を引くことが大切であることから、アウトソーシングによって美しいものを作り出している企業も少なくありません。
Webに関する知識だけでなく、デザイナーとしての能力も要求されることから、ECサイトの設置をアウトソーシングするときには発注する先をどうするかというのが大きな問題になります。

最近ではビジネスマッチングが広まってきており、ECサイトの開設をしたいという企業のニーズと、デザイナーとエンジニアとしての力を発揮したいという技術者のニーズを、マッチングさせるようなシステムを運営する企業が出現してきています。
設置したいサイトについてのヒアリングを行ってもらったり、情報を入力したりするだけで該当するエンジニアのリストアップをしてくれもらえたり、システムによっては一括見積もりまで実施してもらうことすらできるようになっています。

顧客である企業の持っているサイトに対するイメージを具現化することは容易ではありません。
しかし、専門家の視点から経験や業績等を加味して、適しているエンジニアを選出してもらうことができるため、より理想に近いサイトを構築してくれる可能性が高まるということで、アウトソーシングの手段として注目を浴びています。